営業なんて自分にはできない!っと思っている人へ

ブログ

営業なんて自分にはできない!っと思っている人へ

弊社は、広告営業を主に行っています。

新人ママさんから

「営業をやったことないから、自分にはできない」

「仲良くなってしまったお客さんに広告が売りにくい」

「人に物を売ることに罪悪感を感じるけど、どうすれば良いか」

という質問がよくあります。

営業とは一体なんなのか?なぜ物が売りにくいのか?どうすれば売れるようになるのか?

一つずつ解説していきます。

第一回は「営業とは一体なんなのか?」です。

営業とは一体なんなのか?

営業職のイメージって、みなさんどうですか?

・ノルマがきつい
・物を売りつける
・ひたすら頭を下げる など

ネガティブなイメージが先行しているかもしれません。

私も昔は、まさか自分が営業職をするなんて夢にも思っていませんでした。

ひょんなきっかけ(詳しくはこちら)から、営業をすることになったものの

元々人見知りの私は、やはり営業は苦手でした。

師匠との出会い

そんな私の考えを180度変えてくれたのが、師匠。

師匠は仕事を通じて知り合った先輩営業マン。

営業が苦手だと言う私に

「えー?なんで?営業めっちゃ面白いやん」

と驚くような発言をされました。

営業が面白い?なんで?と聞くと

「人の困り事を、解決して感謝されてお金までもらえるんやで〜」

え?困り事を解決?感謝される?

それまで独学で営業をやってきて、商品は売れていましたが、困り事を解決したことも感謝されたこともありませんでした。

どうせならお客様の困り事を解決して、感謝される営業マンになりたいと思い、その日から営業に関する本を読み漁りました。

営業マンのあるべき姿

今まではお客様の言う通りの写真を撮り、お客様の言う通りの文章を書いていましたが、営業について学ぶうちに

お客様は、その業種のプロフェッショナルであるが、広告に関してはプロではない

ことに気づきました。

なので、私がするべきは商品を販売することではなく、

広告について学び、より効果的な広告をお客様に提案すること

だったのです。

お客様に提案するためには、まず現状や要望、価値観を知る事が必要になります。営業マンは上手に喋れないといけないと思っていましたが、本当は逆で、お客様の話を聞く事の方が重要だったわけです。

人と話す事が苦手な私ですが、人の話を聞く事は好きだったので、お客様のところへ行く事が楽しくなりました。

人に物を売る行為に罪悪感を感じているあなたへ

お金儲けを悪いことと考えていませんか?

私はボランティア団体から営利団体に変わったときに

「最近お金儲けに走っているよね」

と言われることがありました。果たしてお金儲けは悪いことでしょうか?

松下幸之助さんの話

松下幸之助さんは松下電器(現パナソニック)の創業者で、経営の神様と呼ばれていた偉人です。松下電器が昭和2年、ナショナルランプ(現在の懐中電灯)を発売した時のこと。生活を便利にする懐中電灯は「必ず国民の必需品になる。知らせれば絶対にみんな買う」と確信し、初めて新聞に広告を出すことにしました。

当時の広告といえば大企業ばかり。個人経営の町工場であった松下電器にとっては、たった3行の広告でさえ、資金的に相当な負担でした。さらに販売店にナショナルランプを無料で1万個提供する思い切った売り出しまで行いました。

その結果、翌年末には毎月3万個を売るヒット商品になったのです。

幸之助さんは、広告について

正しい広告、宣伝は善であり、社会になくてはならないものである。良い製品であればあるほど、より早く、より広く、それを世間に知らせる義務が企業にはある。その義務を果たすために、企業は広告し宣伝をするのである。良きものを売るは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり

つまり、人々の暮らしに役立つものやサービスを作ったのであれば、

より早く、より広く、世間に知らせるべきだとおっしゃっています。

そうすれば、たくさんの人が便利に幸せに暮らせるからです。

また、マネジメントで有名なピータードラッカーも、
企業の存在意義は社会貢献であると著書で書いています。

私達の使命も広告媒体を使い、集客に困っているお店のお手伝いをしたり

より良いサービスを求める地域の人々に情報を届けることです。

お店が儲かる

より良い品やサービスを客に提供できるようになる

消費者が喜ぶ

またその店を利用する

お店が儲かる

税金をいっぱい収める

町が良くなる

みんなハッピー♪

だから、商売してる以上、広告は積極的にするべきだと思ってます。

良い商品を提供しているのに、宣伝しないと誰もそれに気づきません。

良いものを作り、たくさんの人を幸せにする
この事を知らないお店、多いです。

儲けたお金を独り占めする事は良くない事ですが、
儲けたお金で広告したり、設備投資したり、多店舗展開したり・・・

そうやって1人でも多くの人を幸せにしていきましょうよ!

って私は思ってます。

だから仲良くなったお店の人ほど、広告をすすめます(笑)

師匠がよく言っていた「儲かってないから広告できないという店ほど、広告を出すべき。じゃないと潰れるで」
この言葉の意味が、今ならよくわかります。

コメント