値引きに頼ってはいけないワケ

ブログ

今回は、中小企業や個人店が「値引きを集客の柱として頼ってはいけない」というお話です。

値引き、すなわち価格競争の土俵に上がってしまうと、勝負は資本力で決してしまうからです。

つまり、お金持ちの企業には絶対にかなわないということ。

なぜなのでしょう?

これは極論ですが、とてもわかりやすい例があるので紹介しておきますね。

世界的に有名な通販サイトを運営する「A社」のエピソード

A社は自社サイトで販売したい商品を見つけると、その商品を扱えるように企業と交渉したり、場合によっては企業ごと買収したりして、自社サイトの商品を充実させていっています。

でも、中には素直に応じない相手だっていますよね。

そんなときも、お金にものを言わせて、力ずくで手に入れます。

そのやり方は、と言うと…。

わかりやすくパン屋で例えてみましょうか。

とある街に大人気の老舗パン屋があるとします。

A社は「どうしてもこのパン屋の商品を自社ECで取り扱いたい」と思っていて、老舗パン屋に販売提携の話を持ちかけます。

ところが、パン屋の経営者は「ウチは自社での販売しかやらない」と応じてくれません。

しかし、どうしてもこのパン屋がほしいA社。

とった行動は、なんとそのパン屋の隣に自社でパン屋をオープンさせたのです。

そして、そのパン屋と同じような商品を作り、圧倒的な低価格を打ち出し、お客さんを奪っていきます。

たとえ、売れば売るほど赤字が膨らむ状況であっても、相手の体力を尽きさせる持久戦に持ち込みます。

そう、目的は老舗パン屋をギブアップさせることです。

こうして老舗パン屋を経営難に陥らせた後、相手の意思にかかわらず、そのパン屋を手に入れてしまいます。

そのA社の経営者の言葉です。

「君は私が食べようとしているタコだ」

「朝食のタコは食べる前に、殺されなければならない」

怖いですよね…。お金持ち企業にとっては、別店舗や別事業でしっかりと利益を出しているので、こんな手法もできちゃうんです。

こんな極論まで出して、どうしても伝えたかったことは、資本力のない中小企業や個人店が「決して値引きに頼ってはダメ」と言うことです。

目的のない値引きは

「あなたの店の利益を圧迫します」

「あなたの店のサービス低下を招きます」

「あなたの店の本当の価値を見失います」

「最終的にあなたの店から未来を奪います」

どうか、あなたの店の本当の価値を見つけてください。

ここが一番苦労するポイントですが、絶対にあきらめないで。

それさえ見つかれば、たくさんのお客さんに来てもらうことなんて、実は思ったよりも簡単なのですから。

自分で考えても、なかなか答えが出ないっという時は、気軽にご相談ください。このLINEでもやりとりできます。

次回は「自分の店の価値の見つけ方」です。

LINE@で今すぐ使える、
わかりやすい経営&マーケティング情報配信中♪
お友達登録お願いします!
↓↓↓↓

←PCの方は、左のQRコードを読み取ってください

コメント